初ドラゴンフルーツ

ドラゴンフルーツという果物を知っていますか?
名前は知っているけれど、実物を見たことがないという人も多いのではないでしょうか。
私はこのドラゴンフルーツのことをつい最近知りました。
職場の人がもらったと言って持ってきてくれたのです。

ドラゴンフルーツは、ピタヤとも呼ばれていて、東南アジアなどで作られているのだそうです。
最近では、沖縄や九州などでも作られているのだそうです。
ドラゴンフルーツは、赤い色をしていて、所々に緑の葉っぱが出ています。
赤くてごつごつした見た目で、とても華やかな果物なので、ドラゴンフルーツという名前がぴったりだなと思いました。
このドラゴンフルーツ、まずどうやって食べるかな?と思いました。
皮を剥かなければいけないということは分かるのですが、中身がどうなっているのか分からないので、そのまま剥いていいものかどうか分かりませんでした。
職場の他の人も食べたことがないので分からない、と言っていたので、ドラゴンフルーツの食べ方をインターネットで調べてみました。

ドラゴンフルーツは、カットしてスプーンですくって食べるという食べ方が一般的なのだそうです。
皮を剥いて食べるときは、手でも皮は剥くことができるのだそうです。
今回は、カットしてスプーンですくって食べてみることにしました、
ドラゴンフルーツをカットすると、中身は白い果肉でごまのような黒い種がたくさんつまっていました。
においは特にありませんでした。
果肉をスプーンですくうとさくっと果肉がとれました。
食べてみると、味はあまりしませんでした。
ごく薄い甘さがあるというくらいで、これと言った味はありませんでした。
見た目からは強烈な味がしそうな感じがしたので、ちょっと意外でした。
強いて言えば、キウイにちょっとだけ味が似ているような感じもしました。
一緒に食べていた人たちもみんな「なんか意外な味だね」と言っていました。

私的には、ドラゴンフルーツよりもみかんやりんごのほうが美味しいと思ったので、自分で買うことはないような気がします。
他にも私と同意見の人がたくさんいました。
南国のフルーツは好き嫌いが結構分かれますよね。
でも、良い体験ができました。
ドラゴンフルーツをもってきてくれた人に感謝です。

Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.